スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2013年01月17日

イタリアンに必要なのは新しい名称だ

セネカは、「ローマ人は食べるために吐き、吐くために食べる」と評している。派生義として、食品以外のものも含め、ペースト状の製品や物質全般を指す用法がある。ビルの地下1階に広がる黒を基調とした落ち着いた店内。トリュフやフォアグラといった高級食材でつくる本格的な料理とワインが手頃な価格で味わえるイタリアンバールです。美味いモノを美味いままに>をコンセプトにシェフが厳選した食材を吟味し、リーズナブルな価格で本格イタリアンを堪能できる。


パスタはイタリア各地で好まれ様々な形で料理されている。ランチもディナーも、知る人ぞ知る店として賑わっています。これらの食材をシェフがおいしい素敵な料理へと作り上げます。サラダやパスタ、リゾット、ポレンタ、スープなどが分類される。 パーティメニューは2000円から。


伝統的なメニューではセコンド・ピアットといっしょにサラダが出るということになっている。旬の素材の持ち味をより美味しく、そしてリーズナブルにと調理されたシェフの遊び心溢れる逸品料理をご堪能ください。銀座コリドー通りにある、地中海カジュアル・ダイニング。特にカニミソのクリームソースは他店では食べられないスペシャリテです。勿論全て手作りというこだわりよう。


直訳すると第一皿となるが、一皿だけとは限らない。店内は落ち着いた色合いのインテリアでまとめられ、デートや友だち同士で訪れるのはもちろんのこと、一人でも気軽に食事が楽しめる雰囲気となっています。風味もしくは彩りを持たせるために、生地にイカ墨、唐辛子、ホウレンソウ、トマトなどを練り込む場合もある。井の頭線渋谷駅から徒歩3分の好立地にある。リモンチェッロなどの食後酒と共に、贅沢な時間をごゆっくりとお愉しみください。
イタリア料理店の紹介/ボーノ!イタリアン

料理は素材にこだわった本格派。乾燥パスタが多く市販されているが、家庭で生パスタを手打ちすることも出来る。気軽に楽しめるイタリアンとして人気のお店です。コンセプトは、なるべく低価格で、幅広い年齢層のお客様にイタリアンを味わってもらうこと。イタリア人の中には「イタリア料理などという料理は存在しない」と言う人も少なくない。


また、ディナータイムには新鮮なハーブやスパイスを贅沢に使った旬の素材を活かした北イタリア料理とワインで気軽に楽しめる。さらに「手間ひまかけた本格イタリアンでも、気軽に訪れてもらいたい」との思いから、リーズナブルな値段も嬉しいところ。イタリア料理を代表する料理と考えられ、特にスパゲッティは代表的なパスタとして知られる。セネカは、「ローマ人は食べるために吐き、吐くために食べる」と評している。 プラス2000円で2時間半飲み放題もご利用下さい。
  


Posted by kuuoro at 16:04Comments(0)

2012年12月20日

トマトソースで食べる食べ方が普及した。

イタリア語のvongoleは、本来はアサリ類・ハマグリ類などのマルスダレガイ科の二枚貝を指すヴォンゴラ(vongola)の複数形で、料理のことはイタリアではspaghettiallevongole(ヴォンゴレスパゲッティ)などとよぶ。しかもここら辺では1フロアで60席見渡せるお店はないよ~。店名を聞いただけでも、その優しい響きが心地良い、フレンチとイタリアンをMIXした創作料理のお店。その他2次会、貸切パーティなども是非。17世紀末、料理人アントニオ・ラティーニのスペイン風トマトソースがきっかけとなり、パスタをトマトソースで食べる食べ方が普及した。


具によって好まれるパスタの種類が異なり、例えば豆の入ったスープでは、豆が中に入るような管状のパスタが特に好まれるが、スープに入れるパスタの種類は地域によっても異なる。 個室で女子会や誕生日、貸切でパーティーや結婚式の2次会など、楽しみ方自由自在。「記憶に残る、泣かせる料理」でのおもてなしを受けに訪れてみませんか。パスタは大きく分けると2種類に分類でき、スパゲッティに代表される麺状のロングパスタと、マカロニに代表される小型のショートパスタがある。大井町線荏原町駅そば、荏原町商店街に新登場。


ポルチーニは玉ねぎとピューレにして。ヴォンゴレ(vongole、ボンゴレとも)は、アサリなどの二枚貝を使ったイタリア料理(本来はナポリ料理)のパスタ料理である。カリッと焼き上げた和牛のほほ肉にカツオ風味の焼き冬瓜をのせ、トマトピュレのソースで仕上げました淡路島の食材で楽しい忘年会を。12種のグラスワインのうち、3種はソムリエが時期や料理に合わせて選ぶおすすめです。1533年、フィレンツェの名門貴族であるメディチ家のカテリーナがフランスのアンリ2世に嫁いでパリに移り住む際、大勢のイタリア人料理人や香料師を連れてイタリア料理や氷菓、ナイフ・フォークの使用といったものをフランスに持ち込んだ。


築地に通い、厳選した季節の食材を使用してつくるのは『ミートソース』や『ピザ』から『白トリュフのタリオリー二』といった本格的な一品までさまざま。今日見られるような乾燥パスタが普及したのは、16世紀半ばにナポリで飢饉に備えるために保存食が必要になったことが、きっかけであったとされる。団体の一体感があるよ。現在と同じような食べ方をしている事を記録している最古の書物は1224年8月2日付けの、ジェノヴァの公正証書(ベルガモの医師ルッジェーノが患者の羊毛商人ボッソにあてた文章)である。デートや誕生日や記念日、グループでのパーティー等にも知っているとうれしいお店。


みなさんに味わって頂く料理は淡路島の恵みを十分に吸収した鮮度抜群の食材達。他に団子状や板状のものもある。本項ではこれらの用法にもとづいて解説している。それをこのお値段でいただけるなんて、まさに庶民の味方。イタリア半島におけるパスタの歴史は大変古い。  


Posted by kuuoro at 16:10Comments(0)